ご利用ガイド > 取扱説明書 > 共通的な操作 > 活動履歴

活動履歴

活動履歴の対象

Plusプロジェクトマネージャーでは、プロジェクトに対して行った活動を記録して、履歴として参照することができます。

活動履歴を参照できる場所

活動履歴は、以下の対象で参照することができます。

  • プロジェクト
  • 課題
  • Wiki文書
  • 日報

活動履歴の例

※ここでは、課題の活動履歴で説明します。プロジェクト、Wiki文書の活動履歴に関しても操作方法は同じです。

  • 課題の活動履歴は、下記のように表示されます。

活動履歴の表示

※ここでは、課題の活動履歴で説明します。プロジェクト、Wiki文書の活動履歴に関しても操作方法は同じです。

操作手順

  1. 課題詳細画面を表示します。

  1. 課題詳細画面が表示されましたら、下にスクロールして、「活動・履歴」セクションに移動します。
  2. 活動履歴がリスト表示されます。

表示する履歴の種類を切り替える

活動履歴には、様々な種類があります。
活動履歴リストでは、活動の種類毎に、リストを絞り込むことができます。

操作手順

  1. 「すべて」「コメント」「進捗」「担当者」「ファイル」の各タブを選択すると、対象となる活動履歴のみが表示されます。
    1. 絞り込みフィルター(タブ)と活動履歴の種類

      • 「すべて」 ・・・すべての種類の活動履歴を表示します。
      • 「コメント」・・・プロジェクト/課題/Wiki文書に着けられたコメントのみを表示します。
      • 「進捗」  ・・・作業、進捗率、ステータスなど課題の実施と、実施状況の変化に関する履歴のみを表示します。
      • 「担当者」 ・・・課題の担当者変更履歴のみを表示します
      • 「ファイル」・・・添付ファイルの登録・更新・削除履歴のみを表示します。