ご利用ガイド > Plus++プロジェクトマネージャーって何? > ユーザーの種類と権限

ユーザーの種類と権限

ユーザーの種類

Plus++プロジェクトマネージャーを利用するユーザーには、「システム管理者」、「社内ユーザー」、「社外ユーザー」の3種類があります。

それぞれのユーザーができることは下記のようになります。

ユーザーの種類と権限

システム管理者 Plusプロジェクトマネージャーのシステム管理を行います。
後述するアカウント管理者は、システム管理者である必要があります。
社内ユーザー Plusプロジェクトマネージャーのプロジェクト管理を行うメインのユーザーです。
ユーザー管理、プロジェクトの作成を含め、すべての機能を使用することができます。
社外ユーザー 社外の人をプロジェクトに参加させる際に使用するユーザーです。
ユーザー管理、プロジェクトの作成と削除は、できません。

プロジェクト参加者とプロジェクト管理者

プロジェクトのメンバーとして作業するためには、プロジェクトに参加する必要があります。

(イメージ)プロジェクトと課題の関係

プロジェクトと課題の関係

プロジェクト参加者とプロジェクト管理者

参加ユーザー プロジェクトに参加し、管理や作業を行うユーザーです。
参加ユーザーのみがプロジェクトの情報資産にアクセスし、更新することができます。
プロジェクト管理者 参加ユーザーのうち、プロジェクト設定ができるユーザーです。
参加ユーザーは、各プロジェクトに最低1人指定する必要があります。

アカウント管理者

Plus++プロジェクトマネージャーは、「アカウント」という単位で契約とサービスを管理しています。

アカウント管理者はドメインの設定や、支払いなどを行います。

アカウント管理者は、Plus++プロジェクトマネージャーのシステム管理者である必要があります。

次は、プロジェクトを管理するためのツール類を紹介します。プロジェクト管理のためのツールへ進みましょう。