ご利用ガイド > Plus++プロジェクトマネージャーって何? > プロジェクトとは何か?プロジェクトでできること

プロジェクトとは何か?プロジェクトでできること

プロジェクトとは何?

プロジェクトとは、目標と目標達成のための手順をセットにしたものです。

プロジェクトでは、ある目標を達成とするために、メンバーがが集まり、コミュニケーションを取りながら計画・実施します。

その過程で、目標の達成に必要な計画書や設計書、指示、管理簿やレポートなど様々な情報資産を作成することになります。

Plus++プロジェクトマネージャーでは、そのようなプロジェクト運営をサポートすべく様々な機能やツールを提供しています。

(イメージ)プロジェクト構成の例

プロジェクト構成の例

Plus++プロジェクトマネージャーのプロジェクトでできること

Plus++プロジェクトマネージャーのプロジェクトでは、下記のような内容を管理することができます。

詳細情報 開始日、終了日、ステータスなどの基本的な情報です。
プロジェクトキー プロジェクトを一意に識別するためのキー文字列をです。
参加ユーザー プロジェクトの管理や作業を行うメンバーです。
参加ユーザーは、プロジェクト配下の情報資産にアクセスし、更新することができます。
概要(Wiki) プロジェクトの大まかな内容やルールなどを共有するためのWiki文書です。
添付ファイル 計画書や設計書など、プロジェクトに必要なファイルを添付することができます。
子プロジェクト プロジェクトを、いくつかの工程に分けたり、作業の種類毎に分類したい場合などに使用する副プロジェクトです。
課題 作業、問い合わせ、問題点など、プロジェクトを進めていくための具体的な単位を『課題』として管理します。
Wiki文書 手順書や告知文などをWiki文書として複数保持することができます。
課題の項目設定

期間、担当者、ステータス…等、課題の基本的な項目以外に、個別で管理したい項目を定義します。

課題フォーム 課題の複数の項目をセットで更新したい場合などに利用する登録・更新フォームを定義します。
課題フォームは、設定によっては、参加していないユーザーや、ユーザーでない方に開放することもできます。
メール通知 プロジェクト配下の課題の登録・更新や、ある時点の課題リストなどを通知する通知メールを定義します。

※プロジェクトの管理項目の設定・利用方法は(取扱説明書)プロジェクト詳細を参照してください。

次は実際の作業や検討内容などの対象となる課題について確認しましょう。課題とは何か?課題でできることへ進みます。